大分市坂ノ市と佐賀関の間に、木佐上(きさがみ)という土地があります。そこにたまたまご縁があり、約10万坪の山を手に入れることができました。

実は少し前に手に入れているのですが、その利用方法を巡り紆余曲折があり、やっと新しい絵を描くことができたという次第です。

その名も「木佐上花果山」プロジェクト。読み方は「きさがみかかざん」です。「かかざん」と聞いてピンと来た人は、さすがです。西遊記で大暴れする、孫悟空の故郷の山の読み方と同じにしたのです。

何故か?

その名前には、地域の人々がまずは喜んでいただけるプロジェクトであること。それと中華圏を中心に、インバウンドの観光客も呼び込める一大観光地に育て上げるという決意も込められています。

何カ所かに点在する池の周囲には、四季折々に人々を癒す花々を植えます。また様々な果樹園を何カ所かに作り、お見えになる方の口も楽しませます。弊社が持つ土地の中だけにはなりますが、山の中を散策できる遊歩道を整備する計画です。

そこまでが第一期計画。

第二期計画には、なんと老犬老猫ホームやドッグランなどを周囲に配置した動物保護施設を建設します。大分県ではまだ殺処分が行われていますので、それをゼロにする施設を本気で運営していく計画です。ペットのエサを主力商品としている弊社としては、当然の帰結です。運営開始当初は犬猫専門になるかもしれませんが、いずれはどんな動物でも保護できるようにしていきたいと考えています。もちろん譲渡会なども行う予定です。

木佐上花果山は弊社のランドマークになるのと同時に、地域活性化、雇用創出、インバウンド観光および動物保護という様々な役目を担う一大プロジェクトとなります。どうぞご期待ください。