解体から考えるとほぼ5ヶ月間の時間がかかった新社屋の建築も、もう間もなく完成の運びとなります。少し気が早い話ですが、ちょうど劉の海外出張からの帰国に合わせるかのように大安の日がやってきましたので、12月13日の木曜日に富城グループに名前を連ねる皆さんに集合してもらい、落成お披露目会を行いました。

既にこのサイト上で報告している通り、地鎮祭や上棟式は古式ゆかしく行いましたが、落成式に関しては、気張らず皆さんへの簡単なお披露目という形を取りました。

橋本が司会、劉に挨拶をしてもらい、張の音頭で乾杯(もちろんソフトドリンクです)。その後皆さんで記念撮影という本当に簡単なものでした。

その翌日、建築会社から鍵と様々な書類の引渡しを受け、新社屋は正式に当社のプロパティになりましたが、まだまだ細部の調整が残っているため、若干の工事は続く予定です。

この新しい建物に負けないように、益々上質なサービスをお届けできるようグループ全員の力を結集し努力を続けてまいる所存でございます。変わらぬお力添えのほど、よろしくお願い申し上げます。